CEDAR HOUSE メンテナンス。
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

メンテナンス。

さて、久しぶりのお家のお話。

先週土曜日に階段のメンテナンスに来てもらいました。
昨年の冬頃から階段の数段が軋むようになってきましたので、そちらのメンテです。

現象の発生から時間が建っていますが、工務店と相談して新築後間もなくは木が動くので様子をみることにしておりました。

軋みの原因は木の収縮により、隙間ができてしまったことでした。
今回はビスを打ち増ししたり、楔を打ったりすることで解決しました。

階段の剛性感?もあがり、軋みも鳴り止みました。


久しぶりに大工さんともお会いできて嬉しかったですね~♪♪♪
大工さんも建築中からこういったことができるだけ起きないように、
自分がする仕事はもちろん、材木のチェックにも気を使っているそうです。

このへんはしっかり乾燥した無垢材でも、発生することがあるみたいですね。

こんな風にきっちりメンテナンスをしてもらえると安心です。

今回は備忘録的な記事です。

スポンサーサイト

2011/10/02 23:49 | メンテナンス プチリフォームCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

こんにちは。

今年も乾燥してきたせいか、時々床が鳴いています。
そういうのが積み重なったのでしょうね。
ウチもそのうちに、こういうメンテが必要になるのかな。

No:722 2011/10/03 12:51 | Massa #jCQMju/w URL編集 ]

Re: タイトルなし

Massaさま
こんばんは。
うちの場合はすでに初年に軋みはじめていたので、積み重ねと言うよりは乾燥が進んで収縮したようですね。
在来で、とくに無垢材なんかを使っているとある程度こういった現象は仕方がないですよね。
そういった意味ではアフターフォローのしっかりしたところがいいですよね。

No:723 2011/10/04 00:21 | kiyo4 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。