CEDAR HOUSE ワットメーターボックス
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ワットメーターボックス

ワットメーターボックス、電力量計を収める箱ですね。

我が家はうちを建てる時に特に打ち合わせを行なった覚えはありませんが、
河村電器産業のものがついています。
IMG_3280ps.jpg


で、再来週に迫った太陽光発電機器の工事。
太陽光発電で電気を発電しだすと、自分の家でまず消費し、余った電気を電気を売ることができます。
いわゆる「売電」ですね。
いかに自家消費を少なくして、たくさんの電気を売ることができるかがポイントになります。

余剰電力買取制度というものです。
なので、太陽光発電の効果としてよく「節電」意識が向上するといいますね。

一方、ちょっと前まで世間を賑わせていた「全量買取制度」。
発電したものを全部買ってくれるという制度。
売る側としては全部買い取ってくれるという魅力的な制度ですが、
余剰電力買取制度ほど節電に意識が傾かないとか。
普及という意味ではアリなのかもですが、どんなもんやら。


話がそれましたが、売った電気を何で確認するか。
なんでも電気メーターがもう一つつくそうです。
通常ついているのは、電気をどれだけ使ったか確認するもの。
太陽光発電をつけると、もう一つおんなじようなどれだけ売ったかわかる電気メーターがつくのです。

なので、電気メーターが2つになります。
縦に並んだり、横に並んだりあるようです。

今、悩んでいるのが冒頭に登場したワットメーターボックスをどうするかなのです。
プラン1:河村電器産業のものをもう一つつける。
プラン2:河村電器産業の太陽光発電用の2窓タイプをつける。
p_mxo2-w.jpg
プラン3:パナソニックの新発売の太陽光発電用のボックスをつける。
1108-4b.jpg

プラン1は単純に安上がり。白なので外壁とそれなりに馴染んでいる(若干、雨じみありますが。。。)。縦にメーターを並べることも可能。
プラン2も価格は高くない。2つまとめてすっきり収納。色もOK。
プラン3は見た目のシャープさ、スッキリ感が好き。外用コンセントなどはスマートデザインシリーズを導入しており、白よりは目立つがサッシがシルバーということもあり違和感はないような気がする。若干高い(とは言え、1万円少々とのこと)。

どうでもよい悩みですが、ここ数日悩んでいます(考えるのを忘れていました。)


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2011/10/18 00:55 | ●太陽光発電COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。