CEDAR HOUSE 太陽光発電工事 ~接続箱編~
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

太陽光発電工事 ~接続箱編~

はい、昨日に引き続き今日は接続箱、ブレーカー編です。

まずは接続箱。
こちらはパネルで発電された電気を各回路から集めて、パワコンへ流す役割のようです。
我が家の場合は 230wのパネルが24枚ですので、
6枚1セットで1回路となり、それが4回路となります。

ちなみに、各回路から(+)と(-)の2本ずつの電線が出ているようなので、
8本の電線をまとめることになるのでしょうか???

この接続箱、屋内設置の場合と屋外設置の場合があるようです。
SANYOのHPを見ると、SANYOの接続箱はどちらでも対応可能なようですね。
うちの近隣の太陽光発電を設置している家はパネルからの配線をまとめて保護するPFD管が、
そのまま軒先の裏から入っていることが多いようなので、接続箱は屋内設置をしているのかな?

あまり考えていませんでしたが、我が家は業者の提案通り屋外設置となりました。
場所はこちら。
IMG_1271ps_20111031104217.jpg
家の正面です。。。涙
ま、すでにアンテナやら、家からの各種電線がニョキニョキを生えてますので気にしない、気にしない。。。
我が家では裏側にあたる南側に設置する案も考えましたが、
パワコン、ブレーカー類も全て北側に集まっているのでちょっと遠回りなるので考えられる最短経路を選びました。
ちなみに、多少遠回りに配線しても100mとかにならなければそんにロスは発生しないそうです。

雨の中、現場監督さんがホールソーで遠慮なく外壁をガリガリやっていました涙
家の中に響き渡るホールソーの音に子どもたちもプチパニック笑
穴があいた後は屋内チームと息をあわせて?ケーブルを室内のユニットバスから
接続箱用のホールめがけてやりとりしておりました。

ようやく届いたケーブルを接続箱に設置。
IMG_1257ps.jpg
北側の軒下なので雨も強い日光もそうそうは当たらないと思います。

ここにパネルからの電線をまとめて保護するPFD管が屋根から伸びてきて、
接続箱の下側にドッキングします。
IMG_1258ps.jpg

11月3日にはここに黒い管が接続される予定です。
IMG_1270ps.jpg




明日は、ブレーカーまわりの配線を。。。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2011/10/31 12:16 | 設置工事COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。