CEDAR HOUSE PV導入による冬の電気使用量の変化は?!
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

PV導入による冬の電気使用量の変化は?!

気づけば3月。。。あっという間です。
ひな祭りも終わり、アレルギー患者にとっては嫌な季節に突入です。
しかし、準備は万端!
2月上旬から臨戦態勢で予防内服をしてきているので、今年もきっと乗りきれる!
私のここ数年の相棒はこちら。
IMG_1640ps.jpg
1月下旬~2月上旬に錠剤(アレグラ)を1錠から予防内服を始め、飛散の声が聞こえてきたら朝晩2錠、
症状が出始めそうに感じたら点鼻薬(アラミスト)を開始。
これでここ数年はすごく楽に過ごしています。


と、今日はこんな話ではなく、3月に入り気温も徐々に高くなり電気使用量も減少傾向です。
こういった傾向で季節を感じるのもPV導入者ならではですかねwww
ということで、PV導入のレビューとして冬の電気料のビフォー・アフターです。

まずは我が家の電気関係の装備(オール電化)です。
・電気温水器(エコキュートではないw)
・エアコン暖房(7kw級)
・IHクッキング
・その他もろもろ
・太陽光発電(西側設置:5.52kw)

昨シーズン、最も電気代がかかった12月、1月、2月と今シーズンの12月、1月、2月を比較してみます。
参考までに昨年と今年の気象条件(それぞれ1月、2月分)もupしておきます。
気象データ2011

2012年気象データ
1月は2011年、2月は2012年の方が平均気温は低いですね。


まずはPV導入により最も削減効果が期待できるデイタイム(10時~17時)(ちなみに季時別電灯:九電 電化DEナイト契約です)。
電気使用量比較デイタイム
ふむ、さすがですねー
すべての月で半分以下の使用量です。

続いて、リビングタイム(7時~10時、17時~22時)。
冬季はこの時間帯は基本的に発電はないものと考えてもらっていいです。
特にうちは西側設置なので午前の発電も微々たるものです・・・。
電気使用量比較リビングタイム
それでも3割~4割は減少している印象ですね。

そして、恐ろしい数値が見られるナイトタイム(22時~7時)
電気使用量比較ナイトタイム
おぉ!なかなか検討しているではないですか?1割程度は減少していますねー
これ、エコキュートだともっともっと少ない使用量ですむのでしょうがねー、仕方ない。。。ケチってしまったもんで。

ということで全体を見てみると・・・
電気使用量比較全体
2割程度は使用量が減少している感じですね。

電気料金で見てみると・・・
電気料金
3ヶ月で13000円程度昨シーズンに比べると削減できています。
さらにこの3ヶ月では30000円以上の売電収入があっています。


これら削減量の要因としては
①太陽光発電による自家消費
②太陽光発電導入や地震・原発からの節電意識
③新築してから2回目の冬で過ごし方に慣れた

やはり②は大きいような気がします。
小さなことでも節電を意識するようになりました。
上の子もモニターを見て、「太陽さんが頑張って電気作ってくれてるねー」と言って、意識を持ってくれています。

これからはPVにとってはいい季節になってきます(私にとってはしばらくは嫌な季節ですが・・・)ので、もっともっと削減が期待できますね♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 四人暮らしへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

2012/03/04 06:33 | ●太陽光発電COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

こんにちは。

自分もアラミストジャンキーですw
杉はたいした事ないのですが、檜に敏感なのですよね・・・
この季節は憂鬱ですね。

なかなか節電できているのですねー
こうやって見える化されると、さらに意識が高まりそうですね。

No:885 2012/03/06 12:12 | Massa #jCQMju/w URL編集 ]

Re: タイトルなし

Massa様

こんにちは。
Massaさんもアラミスターですか。
1日1回が忘れずいいですねー
私も檜のシーズンになると症状が強く出ますね。

確かに節電、創エネ効果はありますが、全体使用量が多いですね。
エコキュートをケチったのが、精神衛生上よろしくないようですw

No:886 2012/03/07 08:28 | kiyo4 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。